発毛クリニックとはどんな病院?

発毛クリニックとは男性型脱毛症(AGA)の治すことを専門に行っているクリニックのことを言います。男性型脱毛症には男性ホルモンや遺伝、生活習慣やストレスなど様々なことが原因で引き起こされますが、クリニックでは血液検査やDNA検査などを通して原因を探り、それぞれの原因に応じた方法を通して脱毛を抑制していきます。また、脱毛を抑制するだけでなく、少なくなってしまった髪の毛の量を増加させるように働きかけていきますので、増毛の効果も実感できることでしょう。クリニックによって多少異なりますが、内服薬及び外用薬を使って対処していくことを基本としているところが多いようです。また期間は最低半年から1年は見ておく必要があり、自由診療であるため費用も予め確認する必要があります。

頭頂部の薄毛に効果が高いミノキシジル

発毛クリニックで処方される代表的な薬としてミノキシジルがあります。ミノキシジルは国で認可された外用薬で、髪の毛の成長や発毛を促進させる効果が期待できます。興味深いことに最初は血圧を下げるための血管拡張の薬として開発されたものでしたが、副作用として多毛症を引きおこすことがわかり、男性型脱毛症の薬としても利用できるのではないかと研究が進められてきた薬です。特に生え際ではなく頭頂部の薄毛に高い効果ので、配合率は異なりますが女性の薄毛にも使用することができます。ミノキシジルは男性型脱毛症の外用薬として最も推奨されている薬ですが、確かな効果を得るためには1年以上使用し続ける必要があります。またそれと並行して内服薬であるプロペシアを服用するとさらに効果が高まります。

1年で50%が実感プロペシアの効果

発毛クリニックでミノキシジルと併用として処方されることが多いのがプロペシアです。プロペシアも国から認可されている薬ですが、ミノキシジルが外用薬であるのに対してプロペシアは内服薬となっています。継続的に服用することで50%の人が半年程度で効果が現れると報告されており、2年で約70%、3年で約80%の方に効果が現れることが確認されています。ただし女性に対しては効果がありません。プロペシアやミノキシジルをどのように使い分けていくかは、医師の診断に任せる必要があります。副作用のことを考えるとなお一層自己診断で服用するのはリスクがあります。また、せっかく薬で良い効果が現れても、生活習慣の乱れやストレスなどによって効果が薄れてしまうことがないように、生活習慣なども見直してみると良いでしょう。

額の生え際が後退してきたなと感じたらAGAかもしれません!もともと高血圧治療剤だったミノキシジルですが、今は薄毛の治療薬としても広く使われています。 発毛の治療に特化したクリニックです。 agaは専門医の治療で治すことのできる症状です。 入浴後の頭皮マッサージは、抜け毛予防に効果的! 将来のために遺伝子検査だけを受けることも可能です。 池袋でおすすめの発毛クリニックは池袋AGAクリニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加